印刷業の経営陣の責任とISO27001

db01adb41387b95e7ac1535f29f287b6_s

印刷業の経営陣でしたらISO27001の認証に関心を持つケースは多いことでしょう。

現在、多くの企業でこういった認証取得を行っているのです。

これまで認証取得のことを考えなかった経営者も、これだけ業界内で認証取得が進んでいると気になることでしょう。

しかし、その認証の適用範囲や認証に必要な要項などが分からないもの。経営者は認証を取得する上でどういった責任が発生するのでしょうか。

 

情報セキュリティを作る時の経営陣の役割

現在はどういった業種でも情報セキュリティに対する危機意識が高まっています。これは印刷業においても同様のことが言えるでしょう。

情報セキュリティを確立するには数多くの項目をクリアする必要があり、リスクアセスメントの定義やリスクの特定などの項目も含まれます。

情報セキュリティを構築するには社内のスタッフが一丸となる必要がありますが、それ以上に大切なことは経営陣の意識が必要です。そのため、情報セキュリティを構築するには、普段のビジネスに向ける熱量と同様のものが必要となります。

しかし、こういった意識は経営に関わる人間だけではありません。社長や経営者だけに思えるかもしれませんが、そのようなことではないのです。

マネジメントシステム上のトップが意識を高く持つことが大切です。

情報セキュリティの運用管理や維持改善は、社内のトップの責任によって行なう必要があります。さらに、運用をするには予算の都合だけではありません。

社内スタッフの技術やノウハウなどの資源とされているのです。そのため、マネジメントシステム上のトップがスタッフを牽引し、スタッフの意識やノウハウ、技術などがひとつになることで実現出来ると言えるでしょう。

そして、トップは情報セキュリティマネジメントシステムを構築することで、どういった効果が得られるのか具体的に説明する必要もあります。

 

セキュリティで経営陣がコミットしなければならないこととは

情報セキュリティの構築にはさまざまな項目をクリアする必要があります。そのため、一般のスタッフからそれらの項目に対して理解が得られないこともあるでしょう。

社内のトップは、項目をクリアすることで得られるメリットについてコミットする必要があります。

また、社内のトップはマネジメントレビューと呼ばれる、レビューを報告する必要があります。こういったレビューでは社内の情報セキュリティに対する見直しや改善をまとめたもので、最低でも一年に一度作成しなければなりません。

つまり、情報セキュリティとは一度対策を行えば良いものではなく、常に新しい見直しや改善を続けなければならないのです。特に情報とは常に新しいデータが取り入れられており、新しいフォーマットも登場しています。

そのため、その時代に合わせた対策や改善案を出す必要があるのです。

そして、こういったマネジメントレビューは対策や改善案を出すだけでは終わりません。実施状況やその対策による有効性などの結果もまとめる必要があるのです。

そのため、情報セキュリティを構築するには多くの項目がありますが、これによって大きな信頼を得ることが出来ます。

そして、何より社内のトップは信頼性の向上をコミットしなければなりません。

ISO27001は社内に周知させることが大切になる

情報セキュリティマネジメントシステムであるISO27001は、社内の周知が必要になります。

その内容を具体的に挙げると、情報セキュリティの重要性とその目的、情報セキュリティ確立による効果、法令遵守などがあります。

これらを周知させることがスタートなのです。

また、情報セキュリティシステムマネジメントとは導入と運用だけではありません。こういったシステムとは持続性のあるものではありませんので、継続的な改善が最も重要なのです。

何より大切なことは有効性であり、常に情報資産が保護されているかを確認しましょう。

こういった継続的改善を行なうことで、情報セキュリティマネジメントシステムは効果を発揮します。

こういった情報セキュリティの重要性に気付いていながら、導入と運用だけで終わってしまうケースも珍しくありません。

しかし、こういったセキュリティにおいて本当に重要なことは継続性です。継続させることは非常に困難ですが、それによって得られる信頼性は非常に大きいもの。そのため、印刷業において情報セキュリティに力を入れる会社が増えているのです。

さらに、情報セキュリティを構築するにはさまざまな項目がありますが、それらの意味をスタッフに周知させましょう。

トップだけでなくスタッフが一丸となる必要があるのです。

印刷業において情報セキュリティである、ISO27001の認証取得を検討するケースが増加しています。これは導入と運用だけで終わってはいけません。

何よりも大切なことは継続性なのです。常に改善案や対策を出すことはもちろんのこと、実施状況などもマネジメントレビューとしてまとめる必要があります。

そして、経営陣は社内の周知もしなければなりません。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事