行政機関の入札条件としてもISO27001の取得は重要

6f3fb2aed6bca69f8f14e7449bc2f916_s

情報化社会において企業としてもたくさんの情報を扱うようになっています。顧客の情報から、社員の個人情報まで膨大な数の情報を管理するには、しっかりとしたセキュリティがないと機能しません。企業として、情報資産を守る取り組み方は、企業の信用問題にも大きくかかわるため、どのような取り組み方をしているのかが企業としての評判や価値に関係します。そのような中で注目されている情報セキュリティマネジメントシステムがISO27001です。ISO27001は組織が保有する情報を適切に扱うため、様々なリスクを事前に想定、管理し、組織の価値向上に寄与するよう設けられた国際規格です。ではどのような場合にこのISO27001の認証取得が必要になるのでしょうか。

■行政機関からの仕事を入札する際に必要になる

ISO27001が必要になるケースとして、行政機関からの仕事を入札する際の入札条件として挙げられている場合があります。企業としての利益に直結する条件ともいえますので、非常に重要な規格といえるでしょう。行政機関のシステム開発や運用に関する仕事の入札の際にこの国際規格を取得していることが多く、その流れを受けて近年では大手企業の下請けの際にも情報セキュリティに関する国際規格の取得が求められることが増えています。他社との差別化を図るうえでも、自社の価値を上げるうえでも非常に効果的な資格として知られており、その取得に積極的な企業が増えています。

■なぜISO27001はそれほど重要なのか

この国際規格はどうしてそれほど重視されるのでしょうか。理由は、この認証取得をしているかで、社内の取り組み方の品質がある程度保証されていることになるからです。情報セキュリティが甘い企業は、情報の漏洩やウィルスによる攻撃などの対象となりやすく、予想をはるかに上回る被害や、それに伴う損害を出してしまう恐れがあります。いったん流出してしまった情報を再度回収することは難しく、個人情報はもちろん、企業間で信用のうちに共有している情報まで流れてしまっては、他社との競合にも大きな悪影響を及ぼしてしまうことでしょう。そのため、企業としての情報セキュリティに関する取り組み方は、その企業の危機管理能力を象徴するものとしても注目されているのです。

具体的な内容としては、情報セキュリティを通じた社会や取引先からの信頼の獲得や、社員一人一人が扱う情報に関して適切な対応ができるようモラルの向上を図ること、さらに情報リスクの軽減や業務効率の改善など組織体制の強化を図ることが可能となっています。こうした国際規格の認証取得に伴い、国際的にも信用される企業として成長が期待されており、取引先の拡大や企業競争力の効果など、情報セキュリティのみならず、企業全体としての発展にも影響します。

情報の管理に限らず、法令順守(コンプライアンス)の徹底、推進は企業として今後ますます重要視されていくと思われる分野ですので、今後ISO27001は必須の認証となるかもしれません。

■広告業におけるISO27001

広告業はとりわけセキュリティの重要性が注目される業種でもありますが、現在のISO27001の取得率を見ても非常に多くの企業が認証を受けています。もちろん、広告業にとっても官公庁の入札制度によって仕事を受注する機会もあるでしょう。広告関連の企業の場合は、すぐに認証の取得には至らなくてもいつかは取得に踏み切りたいと思われている経営者も少なくないでしょう。

具体的に今後取得を目指す場合には、まずは取得に向けてどれくらいの期間を準備期間として割くことができるのか、専従のスタッフはどのくらい配置できるのかといった具体的な計画を立てるところから始まります。ISOの審査は決して甘いとはいえず、むしろ国際規格としての品質の維持のために非常に厳しい目で認証審査を行います。ですから、適材適所に人員を配置し、必要な期間を取り分けることができたなら、企業として一丸となって取得を目指すことができるように経営陣をはじめとした社全体としての意識の統一が望まれるでしょう。

審査は一度でア終わるわけではなく、複数回にわたります。自社の知識だけで認証を目指すこともできますが、審査のポイントなどを細かく把握することは難しいため、専門のコンサルティング企業に依頼することも可能です。限りある時間と人員を有効に活用して無駄なく認証取得にまで至ることのできるよう、自社のニーズに応じたコンサルティングを依頼すれば、スムーズに認証審査をクリアすることができるでしょう。認証までにはそれなりの時間と費用は掛かりますが、その後の企業としての発展や受注する仕事の幅の拡大を考えると決して高すぎる投資とはならないでしょう。

時代の変化に応じて、時代が求める企業としての在り方を考えるうえで、こうした情報セキュリティマネジメントは一つの目安となります。今後ますます発展していくであろうIT化の波にうまく適応し、時代の流れに順応できる企業として成長するためにも、国際規格の認証取得は大変役に立つでしょう。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事