セキュリティホールとは

セキュリティホールとは、セキュリティ上の欠落のこと――つまり脆弱性である。セキュリティホールは、開発者が想定しない入力や、開発者が想定しない使用環境によってプログラムが誤作動することによって発生することが多いが、稀にバックドアを設置したまま製品を市場に出される場合もある。

こういったセキュリティホールを放置していると、第三者からの不正アクセスに対処できなかったり、コンピューターウイルスに感染させられたりもすることがある。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした