脆弱性とは

脆弱性とは、コンピューターやOS、ソフトウェアにおいて、情報セキュリティ上の欠陥のこと。

通常ソフトウェアやOSは検証に検証を重ねてプログラミングされるが、何かしらの不具合や設計上のミスが原因で欠陥が発生してしまうことはよくあることである。どれだけ完璧にプログラミングされていたとしても、ソフトウェア同士が競合しあって不具合が発生してしまうため、開発者が想定しない使用環境が存在するためである。

また、プログラミングによる一種のバグとして発生するものを主に脆弱性と呼ぶが、企業や組織の管理体制の甘さによって発生するセキュリティホールのことも脆弱性と呼ぶこともある。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした