サービス業での消費者の個人情報を守るためのPマーク取得の動き

b2896a1e2ffb0931559b745990ca7d71_s

世の中には個人の情報の漏洩がきっかけとなって、大きな事件に発展するケースがあります。そのため、個人情報保護法が改正され、これまで個人情報を意識することの無かった業種だったとしても、個人情報を意識せざるを得なくなっているのです。

そのため、プライバシー保護を証明する目的としてPマーク取得を検討する企業が増加しています。特にサービス業がPマーク取得を検討するケースが増加しているのです。

サービス業と消費者の個人情報の関係性

これまでの日本において個人の商店などは、プライバシー保護に対する意識は希薄だったと言えるでしょう。しかし、2015年の8月に法律が改正されたことで、どのような事業だったとしてもプライバシーの保護をする必要が出てきたのです。

特にサービス業は常に多くの顧客を相手にしているため、プライバシー情報も数多く抱えることになるのです。サービス業によっては、インターネットを経由して消費者とやり取りを行なうシチュエーションもあります。こういった場合は必ずプライバシー情報を抱えるため、より高い意識を持つ必要があるでしょう。

しかも、現代人の多くはスマートフォンが生活の一部となっており、これによって誰もが気軽にインターネット経由のコミュニケーションを行っています。そのため、より一層のプライバシー保護を考える必要があるでしょう。

しかし、いくらプライバシー保護が重要であると分かっていても、具体的にどういった対応をしたら良いのか分かりません。そこで、ひとつの方法としてPマークの取得があります。これはプライバシーマークの略称で非常に厳しい審査が設けられているので、法律の基準をクリアすることが出来ます。

プライバシーマーク取得には手間とコストがかかりますが、それ以上のメリットもあるのです。

Pマーク取得の消費者へのアピールポイントとは

プライバシーマークの取得を検討する企業が増加していますが、具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。最も大きいメリットは顧客に対するアピールでしょう。

プライバシーマークを取得することで、名刺やホームページに「プライバシーマーク取得」と記載することが出来ます。これだけで顧客にとって大きな信頼になるのです。これだけでクリーンな企業であることをアピール出来るでしょう。

また、プライバシー情報が漏洩するケースはさまざまですが、これは外部からの侵入だけではありません。スタッフによる人為的なミスによる漏洩も珍しく無いのです。しかし、プライバシーマークを取得するにはスタッフの意識も欠かせません。

そのため、マークを取得する過程においてそういった意識を高めることが出来るので、人為的なミスも防ぐことに繋がるのです。現在はプライバシーマークが一般的になりつつあるため、これからますます強いアピールになることでしょう。

そして、自治体などに入札する際、プライバシーマークの取得が参加条件となっている場合もあるのです。そのため、消費者だけでなく多くの場面でアピール出来るマークであると言えるでしょう。

個人情報保護法に対応しているだけでなく顧客からの信用や社会的信用アップにも繋がるため、マーク取得はこれからのビジネスシーンにおいて欠かせないものになります。

サービス業がPマーク取得をするべき理由

法律が改正されたことで、どのような企業でもプライバシー保護について考える必要があります。これまでの法律であれば「過去6ヶ月以内のいずれの日においても5,000件を超えない者」に限って、権利利益を害する恐れがないことから適用除外となっていたのです。しかし、今となってはそういった話しは通用しません。特にサービス業のように多くの顧客を相手にしている業種は意識をする必要があるのです。

そのためにプライバシーマーク取得を検討する企業が増加していますが、そこには課題があります。何よりの課題は予算的な問題でしょう。

プライバシーマーク取得には専門的な知識が必要となるため、コンサルタントを招いて承認を目指すことが一般的です。そのため、コンサル料が発生してしまいます。

さらに、プライバシーマーク取得には経営陣だけでなく、スタッフの教育も必要になります。そのため、教育のために時間と手間を割く必要があるのです。さらに、プライバシー保護の対策マニュアルを作成したら、それを実際に運用しなければなりません。

そこでプライバシーマークの基準をクリア出来なければ、マークが使用中止になってしまうのです。そのため、プライバシーマークを維持するには大きなコストが発生すると考えましょう。

法律が改正されたことで、多くの顧客情報を抱えるサービス業者がプライバシーマーク取得に乗り出しています。

プライバシーマーク取得にはコンサルタントを招いて、対策を運用・維持する必要があるのです。そのため、マークを維持するには大きなコストがかかりますが、顧客に対して大きな信用を与えることに繋がります。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事