飲食業のPマーク取得によるブランディング効果

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s

これまでの日本では個人情報保護に対する意識は低かったため、個人情報が漏洩することで大きな事件に発展することもあったのです。しかし、個人情報保護法が改正され、個人情報を取り扱う事業者のすべてが対象となりました。

そのため、どのようは業種でも個人情報の取り扱いについて考える必要があるのです。中にはPマークを取得するケースもありますが、これは飲食店のブランディング効果になります。

飲食店のPマーク取得によるブランディング効果とは

2015年の8月に個人情報保護法が改正されたため、個人情報をどのような方法で保護するかがテーマとなっています。

こういった個人情報保護は大企業だけのことと考えられており、これまでの法律では「過去6ヶ月以内のいずれの日においても5,000件を超えない者」は対象外だったのです。しかし、現在の法律では個人情報を取り扱う事業者のすべてが対象となっています。

しかし、これまで個人情報保護について意識の低かった企業にとって、これは大きな問題と言えるでしょう。そのため、具体的な対応としてPマークの取得があります。

これはプライバシーマークの略称で、マークを取得するには厳しい審査をクリアしなければならないのです。この審査基準は個人情報保護法よりも厳しいものですので、プライバシーマークを取得することは個人情報の保護が徹底されている証明となります。

現在、多くの企業がプライバシーマークの取得に乗り出していますが、中には飲食店が取得するケースも珍しくありません。

飲食店にとって個人情報はさほど関係無いイメージがあるでしょうが、そのようなことは無いのです。お店の予約の際には電話番号を取り扱いますし、ポイントカードの作成時に個人情報を聞き出すこともあります。そのため、プライバシーマークは必要と言えるでしょう。

また、取得することでブランディング効果も得られます。

 

Pマークで実現できる他社との差別化ポイント

プライバシーマークを取得することでさまざまなメリットがありますが、中でも差別化は大きなメリットでしょう。

プライバシーマークを取得することで、名刺やホームページに「プライバシーマーク取得」と記載することが出来ます。これは顧客はもちろんのこと、取引先に対しても信頼を得ることが出来るのです。

現在はプライバシーマークの取得を目指す企業が増加していることから、プライバシーマークの意味を知る方も増えています。これからもプライバシーマークを取得するケースは増えると考えられるため、より大きな意味を持つことになるでしょう。

また、プライバシーマークを取得することは簡単ではありません。取得には専門的な知識が必要になることから、コンサルタントを招くことも珍しく無いのです。さらに、経営陣だけの力では取得出来ませんので、スタッフの理解も必要になります。

そのため、スタッフに対してプライバシーマークに関する教育を行なう手間もあるのです。

こういった理由から、プライバシーマークを取得することは時間や手間だけでなくコストがかかってしまうのです。しかし、マークを取得していれば個人情報保護に対して高い意識を持っている証明になります。さらに、大きな予算が必要になることから、経営基盤の整った企業である証明にもなるのです。

これは企業全体のプラスイメージにもなるでしょう。

 

なぜPマークは消費者へ安心感を与えることができるか

誰もが個人情報の取り扱いに慎重になっていることから、消費者は企業にもそういった姿勢を求めているもの。そのため、プライバシーマークは最も有効的な方法と言えるでしょう。そして、これからはプライバシーマークを取得しているお店が選ばれるようになるでしょう。

また、プライバシーマークを取得するには現在の個人情報の取り扱いを見直す必要があります。そして、個人情報保護のための対策や改善案をマニュアルにまとめる必要があるのです。

ここで作成したマニュアルを運用し、さらにマニュアルを洗練させる必要があります。こういったマニュアルは常に新しいものを用意する必要があるのです。

せっかくマニュアルを導入してプライバシーマークを取得したとしても、マニュアルがそぐわない、改善されていない、などの問題が発生した場合、マークが取り消されることもあるのです。

さらに、スタッフひとりひとりが個人情報保護に対する意識を持たなければなりません。そのため、プライバシーマークを維持し続けることは非常に困難なのです。しかし、これだけ厳しいからこそプライバシーマークは強い意味を持っています。

手間や時間、予算はかかりますが、それだけの価値があると言えます。

どういった業種でも個人情報の取り扱いを慎重に行っていますが、飲食業も例外ではありません。お店の予約などで個人情報を取り扱うこともあるのです。そのため、プライバシーマークを取得するケースが増えています。

これによって消費者に安心感を与えるだけでなく、取引先から信頼を得ることも出来ます。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事