要配慮個人情報とは

要配慮個人情報とは、日本の個人情報保護法によって通常の個人情報よりさらに繊細に扱う必要があるとされている個人情報のこと。

要配慮個人情報は取得するためには本人の同意が必要であり、またオプトアウトによる第三者提供が禁止されている。

2017年に改正された個人情報保護法では、要配慮個人情報は、以下のものが含まれるとしている。

  • 犯罪の経歴、犯罪被害の事実
  • 社会的身分、病歴
  • 本人の人種、信条

従来までの「機微な個人情報」に比べて「犯罪被害の事実」という項目が追加されており、事業主が慎重に扱わなければならない情報の範囲が広くなっている。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした