オプトアウトとは

オプトアウトとは、ユーザーの許可を得ずに広告や宣伝メールを送信すること。

例えば企業がメールマガジンを配信する際には、個人情報保護法によってユーザーの許可を得る必要があると定められているが、このため会員登録を行う際には「メルマガの配信を希望する」というチェック欄を設ける必要がある。

この他にも例えばインターネット上のあるページを閲覧したユーザーに対して広告を配信する手法などがあるが、こういった広告はユーザーの許可を得ていないとして、2017年の個人情報保護法改正によって「あらかじめ本人に通知するか本人に容易に知りえる状態におく必要がある」と厳格化された。

これを受けてPマークもオプトアウトの規制を強化するように改訂されている。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした