可用性 カヨウセイ

著者:ISOプロ担当者
投稿日:
更新日:2019年08月05日

可用性(availability)とは、利用者から見て決められた条件のもとで要求された機能を果たせる状態にある能力のこと。

システムはいかなる状態でも機能することが求められる。しかしシステムの停止を限りなくゼロに近づけることはできても、何らかの物理的な故障によってシステムの停止は起こり得るため、ゼロにすることはできない。例えば、クラウドサービスに見られるような「SLA 99.6%の稼働率を保証」というものはサービス品質 保証制度における可用性を表したもので、「1000時間稼働させて、4時間停止した」という場合に「SLA 99.6%」というものが使われる。

記事に戻る
インタビュー

タレント揃い!「人」にこだわるIT企業のISO導入成功の鍵

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談