ISO27001取得に必要な書類の管理方法

ISOプロ担当者

XCFBvogRF9nZw8C1539314878_1539314898

ISO27001という国際規格をご存知でしょうか。情報セキュリティマネジメントに関する規格で、今や多くの企業にとって認証の取得は必須ともいえるほど重要なものとなっています。なぜなら、IT化が進んでいく中で情報の扱いは非常に重要な課題だからです。情報の取り扱いに関する運用が適切になされていないと、情報の漏洩といった深刻な事態を招きかねません、企業として保有する情報は個人情報はもちろんのこと、ほかの企業との取引上漏れてはいけない機密情報などもあり、情報保護の甘さによって漏洩した情報は二度と取り戻すことはできないため企業としての信用の失墜にも直結します。そのため、あらゆる城主の企業がISO27001の認証取得に向けて動き出していますし、現に国内でも多数の企業が取得を実現しています。この国際規格の取得は、企業としての組織の構築がどのようになされているのかを社外に示す指針の一つとしても知られており、この認証を受けていない企業とは取引をしないなど、取引の条件の一つとして挙げられることも少なくありません。

ISO27001を取得するための膨大な書類

ISO27001の認証取得には、膨大な資料が必要になります。資料を適切に読み解くためにも、管理方法は非常に重要で、自社での特別なチームを作って対応する企業もあれば、コンサルティング業者の助けを受けながら必要な個所の整理と、運用への反映を行う企業もあります。そのため、内容を精査し、必要なポイントをまとめる作業が多くの場合必要になりますが、その場合はやはり専門のコンサルティング企業に資料の要点を明確にするスリム化の作業を委託することも少なくなく、限られた期間と人員の中で効率よく認証取得をするための努力が払われています。

ISO27001はたびたびその内容が改訂されることもあるため、社内の担当者はそのたびに運用が改訂に関係するのかどうか見直しをしなければなりません。根本的な情報セキュリティマネジメントの考え方は変わっていないにしても、変化を続けるITの発展の中でより時代の流れと企業の実情に即した内容に改訂することは避けられないことともいえます。そのたびに膨大な資料を管理し、要点をつかめるかどうかが、認証取得した企業にふさわしく運用を継続できるかどうかの一つの決め手となるでしょう。

ISO27001を取得する際に必要な資料の管理方法

審査の際のも取得後の運用の際にも不可欠となるのが関係する資料の管理です。資料を管理するためのポイントとしては、内部規定や様式などのフォーマットを確立することが大切です。また、審査に通るためだけの紙面上の事柄に届らないで、実際の現場で活用することのできる資料であるべきです。手順書の作成に関しても社員がすぐに関係する事柄に目を通すことができるように資料をまとめ管理することが求められるでしょう。こうした管理方法への高い意識は、結局は社員一人一人の情報セキュリティマネジメントに関する意識の向上につながります。社内文書が審査の要求事項に合致しているかに関しては、第三者機関によって精査を求める企業も少なくなく、審査がスムーズに終わることが当然認証取得への大きな前進となります。

こうした書面での審査を経て初めて、現場へと審査が移行します。現場において資料内で提示されていた要求事項に関する運用が適切に実行されているのかが審査されます。こうした審査を通じて情報セキュリティ上の問題点を浮き彫りにして企業としての組織の在り方を根本から見直すことができるようになるのです。

産業廃棄処理業でもISO27001は大切か

産業廃棄処理業は官公庁から入札によって仕事を受けるケースが少なくありません。官公庁での入札には近年、入札の条件としてISO27001の認定を取得していることが求められています。そのため、多くの個人情報を扱うことはないとしても、仕事の受注機会を減らさないためにも認証の取得が必要といえるでしょう。官公庁以外にも取引の際に国際規格を満たしているかどうかによって、企業の信用を図る傾向もあり、いまやどのような業種であっても無関係ではいられない規格の一つともいえるでしょう。

こうした情報セキュリティマネジメントに向きあうことは時間も人件費も、審査に伴う費用も掛かることになります。もshもすぐに認証が受けられないとすると、要求事項を満たすために更なる設備の投資や運用の見直しが迫られ、企業としては負担となる可能性もあります。とはいえ、今後のIT化が進む経済状況を予想した場合、情報セキュリティマネジメントに関する高い意識はどの企業にも大切な要素といいえるでしょう。こうした理由からその重要性は日増しに増しているといえます。

企業の組織価値向上はどのような業種であっても目指すべき目標の一つでしょう。内部統制やコンプライアンスの徹底の上でも、国際的な規格を満たすことは非常にプラスとなるでしょう。取得に悩んでいる方は、今すぐコンサルティング業者などに相談し、自社の発展のために不可欠なものなのかどうか考慮したほうが良いかもしれません。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ