NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

個人情報と関わりが深い飲食業!Pマーク取得で「安心感」をアピールできるポイントとは

ISOプロ担当者

2015年の8月から個人情報保護法が改正され、どのような事業者だったとしても個人情報の取り扱いを慎重に行なう必要があるのです。

これによって、これまでプライバシー保護を意識していなかった業種も、新たな取り組みを始めています。

特に飲食業はプライバシーのことを考えることがありませんでしたので、どうして良いか分からないことでしょう。

そこで、Pマーク取得が注目されています。

お店で発行しているポイントカードの個人情報の取り扱い

法改正されたことで、あらゆる企業がプライバシー保護に取り組んでいます。

これまでもプライバシー保護が叫ばれていましたが、大企業だけのものというイメージがあったでしょう。しかし、現在はどのような業種でもプライバシーを保護する必要があるのです。

たとえ飲食業だったとしてもプライバシー保護をしなければなりませんが、中には「プライバシー保護の大切さは分かるが、飲食を扱う業者にとって関係の無いこと」と考える方もいることでしょうが、そのようなことはありません。

それでは、どういった場面で関係しているのでしょうか。

現在は多くのお店でポイントカードを発行していますが、飲食だったとしてもポイントカードを発行するケースがあるでしょう。

そこでお客さんの住所氏名などを取り扱うのです。ポイントカードがきっかけとなってプライバシーが漏洩するケースもあります。

それでは、プライバシー保護とは具体的にどのような対応をしたら良いのでしょうか。多くの企業が行っているのはPマークの取得です。

これはプライバシーマークの略称で、非常に厳しい審査をクリアする必要がありますので、Pマークを取得しているだけでプライバシーを慎重に取り扱っている証明になります。

これを取得することでさまざまなメリットが得られますので、注目すべきマークでしょう。

予約時の電話番号の取り扱い

飲食店を利用する際に誰もが予約の電話を入れた経験があることでしょう。そこでは氏名や電話番号を伝えますので、個人情報を預けることになるのです。

そのため、お店側はこういったプライバシーの管理も慎重に行わなければなりません。

お店の予約やポイントカードの作成など、飲食でもプライバシーを管理するシチュエーションは多いのです。

プライバシー保護の証明としてプライバシーマークの取得を検討する企業は多いことでしょう。しかし、具体的にどういったことから初めて良いか分からないもの。

マーク取得には専門的な知識が必要になりますので、コンサルタントを招くケースも珍しくありません。そのため、プライバシーマーク取得には予算がかかる点に気をつけましょう。

また、経営陣とコンサルタントだけでプライバシーマークが取得出来るものではありません。スタッフが一丸となる必要があるのです。

実際にお客さんのプライバシーを扱うのは現場のスタッフですので、そういったスタッフに教育をする必要があります。そのため、時間を割かなければならないのです。

プライバシーマークを取得するにはコンサルタント料だけでなく、スタッフに教育する手間などもあります。そのため、取得は非常に難しいと考えましょう。

しかし、苦労するだけ合ってそれだけのメリットも存在しているのです。

 

従業員やアルバイトの個人情報の取り扱い

飲食のお店には経営陣だけでなく従業員やアルバイトも在籍しています。そのため、顧客だけでなくそういったスタッフのプライバシーも取り扱うのです。

こういったプライバシーが漏洩することで、大きなトラブルに発展することがありますので注意しましょう。

プライバシーマークを取得することはプライバシーの管理が徹底されている証明ですが、具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。

プライバシーマークを取得することで、名刺やホームページに「プライバシーマーク取得」と掲載することが出来ます。

近年はこういったプライバシーの取り扱いが注目されているので、プライバシーマークの知名度も上昇しています。そのため、マークを見るだけで「プライバシー管理がしっかりしている」と思ってもらえるのです。

また、プライバシーマークの取得は非常に困難で、現在の問題点を洗い出して解決策や対策を立てる必要があります。そして、それを運用しなければならないのです。

しかし、常に審査が行われているので、少しでも対策が出来ていなかったらマークが使用中止になってしまいます。

そのため、マークを維持することも非常に大変なことなのです。しかし、それだけ大変だからこそプライバシーマークには安心感があります。

近年は法律が改正されたことで、どのような業種もプライバシーを守らなければなりません。これは飲食店でも例外ではありません。

プライバシーとそれほど関係無いイメージがあるかもしれませんが、予約やポイントカード作成などでプライバシーを扱うことは多いのです。さらに、スタッフのプライバシーもあります。

そのため、安心感を与えるためPマーク取得を検討するケースが増えているのです。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ

TOP