駅などをはじめとして、街のいたるところで防犯カメラを目にする時代です。また、万引き防止等の目的で防犯カメラを設置する小売店も少なくありません。さらには、一般家庭でさえガレージや玄関先に防犯カメラを取り付けることもめずらしくないこのご時勢、飲食店でも導入を検討するべきなのでしょうか?

「万引きの心配もないし、飲食店には必要ないのでは?」と、考える方も多いかもしれません。しかし、じつは飲食店にこそマストともいえる防犯カメラ。なぜ、飲食店こそ防犯カメラを活用すべきなのか、その理由を紹介します。

飲食店に防犯カメラ設置をおすすめする理由

飲食店に防犯カメラがあれば、次のような効果を期待できます。

レジの金銭トラブル防止

レジでの金銭トラブルは、どのような飲食店でも経験があるところでしょう。お釣りの間違い、クレジットカードの返却忘れ、その他「お客様の勘違いによるクレーム」などでお悩みではありませんか?レジに防犯カメラとマイクを設置して「動かぬ証拠」を残すことでトラブルを解決します。

お客様の入り状況確認

防犯カメラはがあれば、お店から離れたオフィスや自宅から、お客様の入り状況をいつでも確認できます。時間帯ごとのお客様の入り状況とスタッフ数が適当なのかどうかチェックし、人件費の無駄を省くこともできるでしょう。

従業員の監視

オーナーがいない時間でも「いつでも見られている」という緊張感は、従業員の不正を防止するのにも役立ちます。従業員の軽率なSNS投稿からいわゆる「炎上」トラブルに見舞われる飲食店も少なくない昨今。従業員の気持ちを引き締めるためにも防犯カメラはおすすめです。

食い逃げの証拠に

万が一の食い逃げトラブルにも防犯カメラは役立ちます。「支払をしていない」という事実が映像に記録されていれば、警察に証拠として提出することができるでしょう。

飲食店にはどんな防犯カメラがおすすめ?

防犯カメラと一口にいってもさまざまな種類がありますが、飲食店には次のような機能を持つ製品がおすすめです。

高画質AHDカメラがおすすめ

店内全体を撮影しつつ、細部まで記録できる高画質AHDカメラがおすすめです。現在はフルハイビジョン200万画素のAHDカメラシステムが主流ですが、400万画素の製品もリリースされています。

スマートフォンからアクセスできる

オーナーがお店にいない時間でも、いつでも状況を把握できるような、スマートフォンからのアクセスが可能な防犯カメラがおすすめです。特に24時間営業の飲食店などは必須ともいえます。

赤外線暗視機能つき

照明を落とした夜間の店内はもちろん、まったく光がない時でも白黒で撮影することができます。なおかつ、赤外線暗視機能があれば通常の暗視以上に素早い動きをブレることなく撮影可能。もし、夜間に空き巣に入られたとしても、犯人の姿を残すこともできます。

デジタルレコーダーも併用!

防犯カメラで撮影した映像を記録するデジタルレコーダーも必ず併用しましょう。複数の防犯カメラを接続し、モニターで同時にチェックする際にもデジタルレコーダーは欠かせません。

まとめ

防犯カメラは文字通り空き巣、食い逃げなどの犯罪を防いだり、解決のきっかけを作ったりするのに役立ちますが、それだけではありません。

  • 「注文した」「してない」などのお客様とのトラブルを防止する。
  • 従業員の働きぶりをチェックし、きちんと働いている時には正当に評価するなどしてモチベーションを向上させる。
  • お客様が少ない時間帯のアルバイトを減らすなど、人件費を見直す。

といったさまざまなベネフィットを防犯カメラは飲食店にもたらします。

レジ脇には監視アピールのために目立つボックス型、バックヤードにはスタッフにストレスを感じさせないドーム型にするなど、いくつかの製品を使い分けるようにしても良いでしょう。ぜひ、導入を検討してみませんか?

開業に関するお悩みなら開業の達人まで!

当サイトでは起業・独立・開業を目指している方へお得なサービス実施中です。スムーズな経営の実現のために御社に合った税理士の紹介や、創業時の融資支援を実施中です。

一度お気軽にお問い合わせください!