特に駆け出しの中小企業や個人事業主の方は、経営が安定してくるまでに資金のやりくり―—キャッシュフローに苦しむことがあります。「取引先に、あるいは従業員に給料を支払う必要があるけれど、顧客からの入金がまだ入ってきておらず、すぐに現金が必要だ―—。」そんな悩みを抱えている方も少なくないと思います。

このようなときに、売掛金を早期に回収し、手っ取り早く資金調達する方法として、「ファクタリング」というものがあります。このファクタリングには買い取り型と保証型の2種類のサービスがあり、それぞれ利用する場面が異なります。

今回は、買い取り型ファクタリングと保証型ファクタリングの違いやそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

保証型ファクタリングとは?

保証型ファクタリングとは、ある事業者が保有している売掛債権に対して保険をかけ、貸し倒れリスクを回避するために利用されるサービスです。要するに、「料金をしっかり支払ってもらえるかどうかが不安な場合に、支払われなかったときのことを考えて加入しておく保険」のようなものだと考えましょう。

保証型ファクタリングは火災保険や生命保険と同じように、保証限度額の範囲内であれば万が一取引先が倒産などを理由に支払えなくなったとしても、ファクタリング会社に一部の費用あるいは全額を保証してもらうことができます。

保証は取引先の支払いが不能となったとき、具体的には以下のような場合に受け取ることができます。

  • 取引先が破産した
  • 手形の不渡り
  • 民事再生手続開始の申し立てをした
  • 会社更生手続を始めた

保証型ファクタリングのメリット

保証型ファクタリングは、月額料金を支払って保険のような支払いをするものと、売掛債権が発生した段階でファクタリング会社と契約するものの2種類があります。

本質的には「売掛金が回収できないリスクを低減するもの」です。このため、信用型ファクタリングサービスを利用することで、取引することができる顧客の幅が広がります。要するに、「ちゃんと支払ってくれるのかな? 」ということを気にせず取引をできる(※しなくても良いわけではありませんが…)ということです。

また、取引先企業の支払い能力を審査する「与信管理」をファクタリング会社が代行してくれることもあるため、本業に集中することができるというメリットもあります。

保証型ファクタリングのデメリット

保証型ファクタリングのデメリットとしては、保証金を受け取るためには、取引先が支払い不能状態になっている必要があるということです。

例えば、日頃から懇意にしている人と信用取引をしたとして。「今月厳しいからちょっと待ってほしい」と言われる可能性もあります。このような場合には、保証型ファクタリングを利用して保証金を受け取ることはできないのです。——なぜなら、支払い不能と認められる状態に陥っているわけではないためです。

このため、「支払ってもらえない」からといって、必ずしも保証金を受け取ることができるものではないと考えておきましょう。

また、保証型ファクタリングはあくまで「売掛金未回収リスクの低減」であって、資金調達ではありません。保証金を受け取るまでにどうしてもタイムラグが発生してしまい、一時的にキャッシュフローに苦しむことになってしまうかもしれません。

買い取り型ファクタリングとは?

買い取り型ファクタリングとは、ある事業者が保有している売掛債権をファクタリング会社が数%の手数料分を差し引いた額で買い取り、ファクタリング会社が売掛金の回収を行うというサービスです。

簡単に言えば「お金を請求することができる権利を、売ることができるサービス」です。

買い取り型ファクタリングの特徴は、すぐに現金化することができるという点です。また、売掛先の企業の信用力が高ければ、売掛債権を売る側、つまりサービスを受ける側の信用力は関係がないため、俗に言う「ブラック」の方でも即時現金を発行することができるのです。

買い取り型ファクタリングのメリット

買い取り型ファクタリングのメリットは、なんといってもすぐに現金に変えることができるという点でしょう。特に事業が走り出したタイミングというのは何かと資金が必要になりますし、信用力がないため資金の調達に苦しむことになります。このような場合でも利用することができる資金調達方法としては魅力的なのではないでしょうか?

また、支払ってもらえるかどうか不安な場合のリスクを低減できることもメリットの一つです。

買い取り型ファクタリングのデメリット

買い取り型ファクタリングのデメリットは、手数料が高いということです。取引先の信用力にもよりますが、ファクタリング会社も少なからず「支払ってもらえないリスク」を負うことになるため、場合によっては売掛金の30%近い手数料が取られることもあります。

また、売掛債権の譲渡を行えば、取引先はファクタリング会社に支払うことになります。このため、取引先との関係を壊してしまう可能性もあることはデメリットであるといえるでしょう。

開業に関するお悩みなら開業の達人まで!

当サイトでは起業・独立・開業を目指している方へお得なサービス実施中です。スムーズな経営の実現のために御社に合った税理士の紹介や、創業時の融資支援を実施中です。

一度お気軽にお問い合わせください!