昨今では個人宅に電話回線を引かず、携帯電話だけで済ます方が増えていますが、飲食店運営には固定電話が必要ですよね。

開業した店舗に固定電話およびインターネット回線を引くことで得られるメリットや、取得の方法をご紹介します。

1.信頼度アップ!飲食店には固定電話が必要です

飲食店開業時、さまざまな理由で固定電話が必要になりますが、もっとも重要な理由は「見えない信頼」が得られるからです。「固定」電話という名前の通り、地域に根ざしてしっかり経営している印象を与えることができます。

「携帯電話」は、常に持ち歩くものですから“いついなくなってもおかしくない”といった不安定性や不確実性が連想されてしまうため、店舗用には不向きと言えます。

また、予約の受付や仕入れの手配など、まだまだ電話連絡を好む顧客や業者が多い状況です。きちんとビジネスとして飲食店を成り立たせたいのであれば、やはり固定電話が必要だと言えます。

2.インターネット導入で売上アップ!

情報社会である現代においては、インターネット回線さえあれば、ホームページやSNSなど“お金がかからない”販促方法を取り入れることができます。また、個人の飲食店でも簡単にPOSレジの使用が可能なので、売り上げの分析やお客様の来店頻度など、経営のために役立つデータを集めることができます。

つまり、インターネットを導入すると集客・販促・顧客満足度アップにもつながるということです。なお、インターネット回線と電話回線を別々に契約すると、工事が二重に必要となり、結果として割高になるケースもあるので注意が必要です。

3.店舗用の電話番号を取得するには?

固定電話番号を取得するには「電話加入権」の購入と工事が必要です。業者を通して申し込み、工事を経て開通するという流れになります。また、インターネット回線を使用して通信を行うタイプの電話も存在します。インターネットと電話回線、どちらも導入を視野に入れている場合はセットでお得なプランもありますので、ぜひ検討してみてください。

4.店舗にあったプロバイダー選びを

近年は価格競争が一段落していて、どのプロバイダーを選んでも月額料金に大差はありません。

ただし、月額料金が同じでも初期費用や無料期間に差があることが多いため、2~3年でどのくらいの料金になるのか実際に計算して比較するのがおすすめです。また、サービスやサポートの内容もプロバイダーによって異なるため、自社にとって利用価値のあるプランを選ぶと良いでしょう。

おわりに

開業にあたって欠かせない固定電話とインターネット。プロバイダーは一度契約するとなかなか変更が難しいため、慎重に自社に合ったサービスを選びたいですね。固定電話とインターネットの導入をご検討の際はぜひ参考にしてみてください。

さらに、当サイトでは起業・独立・開業を目指している方必見の豪華3大プレゼントキャンペーンを実施中!値引きや創業に向けたお役立ちノウハウや助成金を申請した際の受給額の無料診断、融資のご相談も受け付けております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

開業に関するお悩みなら開業の達人まで!

当サイトでは起業・独立・開業を目指している方へお得なサービス実施中です。スムーズな経営の実現のために御社に合った税理士の紹介や、創業時の融資支援を実施中です。

一度お気軽にお問い合わせください!