NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

食の国際化にHACCP(ISO22000)は主流となりつつある

ISOプロ担当者

食の安全に関する国際規格HACCP(ISO22000)は、国際化社会の中で主流になりつつあります。日本の食品製造業ではまだ主流ではなく、HACCP(ISO22000)を取得している食品製造業者はまだ少数派です。しかし、だからこそ主流となる前にHACCP(ISO22000)を取得しておくことで、他の食品製造業者と差別化をはかることもできるでしょう。取得のメリットについて考察しました。

導入のメリット

HACCP(ISO22000)は、消費者が食品を安全に購入することができるように、国際規格HACCPシステムの考え方に基づいて体系化された食品安全マネジメントシステムです。食品の安全に影響を及ぼすリスクのある要因を管理するために2005年9月に発行されました。

HACCP(ISO22000)は、農業、畜産業、漁業、養殖業などの一次生産者およびその材料の加工・配送にかかわるあらゆる事業主を対象としています。なかでも食品製造業者は導入するメリットが多いともいわれています。なぜならば、もし食品製造業者が食品安全にかかわる事件をおこせばたちまちニュースにも取り上げられ、社会的な信用を失う危険も極めて高いからです。逆にHACCP(ISO22000)を取得していれば「食品安全に対して意識の高い企業」として評価され、新たなビジネスチャンスに恵まれることもあります。消費者の安心と安全を守り、企業ブランドとしての信頼性を高めるためにも、食品製造業者がHACCP(ISO22000)を導入することは非常にメリットがあるのです。

対内的に

食品製造業者がHACCP(ISO22000)を導入する対内的なメリットとしては以下のようなものがあります。

・組織的な意識向上が期待できる
HACCP(ISO22000)導入というのは、たとえトップダウンであってもアルバイトスタッフに至るまで意識の改革を求めるものでもあります。食品製造のプロセス一つ一つを見直し、各過程における食品安全にかかわるリスクを洗い出し、それを回避するにはどうすれば良いか現場の一人一人に問うきっかけにもなるのです。食品安全に関する組織的な意識向上と、組織のさらなる活性化を図ることもできるでしょう。

・生産管理による無駄の見直し
これまでなんとなく慣例としてきた生産体制の中に、無駄が一つもないといいきれますか?HACCP(ISO22000)取得に際しては、リスクマネジメントを考慮して生産管理体制を再構築しなければいけません。その過程で無駄を省き、より生産性の高いシステムを作ることもできるのです。

・経営効率がアップする
以上のようにスタッフの意識と自主性を高め、より無駄のない生産管理体制を構築することは、経営効率をアップさせることにもなるでしょう。HACCP(ISO22000)は営業活動に直結しないので導入をためらう企業もありますが、長期的な視野に立てば業績を向上させるものです。目先の利潤追求にとらわれては大変な損をすることにもなりかねません。

対外的に

食品製造業者がHACCP(ISO22000)を取得することは、対外的にも数多くのメリットがあります。その一例を紹介しましょう。

・納入先からの信頼を得ることができる
納入先からの食品安全に関する要求に対して、HACCP(ISO22000)に準拠したマニュアル通りに明確に答えることができます。特に公共事業の入札にあたってはHACCP(ISO22000)取得が必須とされるケースも増えてきました。より大きなビジネスチャンスをつかみたいと考えているならば、導入をおすすめします。

・消費者に食品安全をPRできる
加工食品への異物混入など、食品に関する不祥事がニュースで取り上げられることも多い昨今、消費者の食の安全に関する意識はますます高くなっています。できるだけ信頼できる食品製造業者の商品を購入したいと考えている消費者は少なくありません。そのような中で、HACCP(ISO22000)を取得しているということは消費者へ向けて食品安全を強力にアピールする武器にもなります。また、HACCP(ISO22000)は取得すればそれでお終いというものではありません。そのマニュアルを見直して改善していくことで、変化する消費者のニーズに応えることを究極の目標としています。つまり、HACCP(ISO22000)に準拠した経営を行うということは、つねに企業としての成長をもたらすものともいうことができるでしょう。未来に向けてより一層の成長を希望しているならば、導入をおすすめしたいHACCP(ISO22000)なのです。

国際的にはHACCP(ISO22000)を導入している食品製造業も多いのですが、日本国内ではまだ主流ではありません。しかし、対内的にも対外的にも数多くのメリットがあるのでぜひ前向きに考えることをおすすめします。もちろん、認証を得るためには準備も必要で時間も労力もかかりますが、費やしたコスト以上のリターンは必ずあることでしょう。短期的に回収することは難しいかもしれませんが、長期的には大きなリターンも期待できるHACCP(ISO22000)。G7 加入等による国際化で、これからの日本の食品製造業は小草的な競争力も求められることは間違いありません。国際化を前に早目の導入をおすすめします。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

関連する記事・ページ

TOP