NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

HACCPとISO22000の導入決定後の手順

ISOプロ担当者

食品とは健康に大きく影響を与えるものですので、どのような消費者も安全性の高い食品を選んでいます。

そのため、食品に少しでも異物が混入してしまうと、それだけで大きなニュースになってしまうのです。

どのような食品メーカーも衛生面のことを考えていますが、そこでHACCPやISO22000の取得が進んでいます。

食品メーカーであればこれらの導入を考えるものですが、どういった手順で導入したら良いのでしょうか。

まずは導入する適用範囲を決める

食品メーカーであればHACCPや国際規格のISO22000の導入を検討するものですが、これらは適用範囲が異なります。

HACCPはハサップやハセップと呼ばれており、食品の製造や加工工程で発生する微生物汚染、物理的汚染、科学的汚染などのリスクを現状調査、分析して、重要管理点を定めるものです。これによって最終製品の安全性が確保出来ます。

そして、ハサップは食品の製造や加工だけが対象です。

食品に異物が混入することで大きな問題に発展することがありますが、ハサップを導入することでこれを防ぐことが出来るでしょう。

ハサップはアメリカのNASAで開発されたもので、現在は世界中の食品製造業で採用されています。

NASAは宇宙開発だけでなく宇宙食の開発も行っており、宇宙飛行士にとって安全な食品を提供する必要があるのです。

そのため、ハサップが考案され、これにしたがうことで安全な食品の製造が出来ます。これだけでも大きなメリットですが、それ以外にもメリットがあります。

これまでの工程を見直しますので作業効率の改善が出来るのです。さらに、不良品の発生を抑えることも出来るので、コストの節約にもなります。

また、ハサップを導入するには経営陣だけの努力では出来ません。スタッフ全員が一丸となることで初めて導入出来るのです。

ハサップと同様に国際規格であるISO22000もありますが、こちらは適用範囲が異なります。そのため、どちらを導入するのか分析をする必要があります。

適用範囲の決め方

ハサップは食品の製造と加工だけに適用されていますが、国際規格であるISO22000はさらに幅広い場面で適用されています。

具体的には農業、肥料や動物用医療品製造業、材料や添加物製造業、食品製造機械メーカー、食品運送業などに適用されるのです。

そのため、幅広い食品関連の事業を行っている企業は、適用範囲を決めましょう。

国際規格の適用範囲は食品の製造と加工だけにとどまりませんので、これまでには飼料の製造工場が取得したケースもあります。それでは、飼料製造工場が取得することにどういった意味があるのでしょうか。

家畜は食卓に上がるものですが、安全でなければなりません。そのため、家畜の飼料にも安全性が求められるのです。さらに、国際規格を取得することで、いかに安全性に力を入れているかというアピールにも繋がるのです。

こういったケースがありますので、これまで国際規格の適用範囲内であったにも関わらず取得を検討していなかった企業も、国際規格の取得を目指すことが考えられます。

また、ハサップはNASAが定めた食品の製造と加工のガイドラインですが、明確な基準がありませんでした。

そのため、ハサップにはさまざまな種類があり、日本だけでも厚生労働省の定めるハサップや都道府県の定めるハサップ、食品業界が定めるハサップなどがあったのです。

しかし、国際標準化機構が定めた国際規格であれば、世界に通用する基準が決められているので安全性のアピールになるのです。

事前に必要な現状調査・分析について

国際規格は対象が幅広くなっているので、適用分析をする必要があるでしょう。そして、国際規格の取得を目指しましょう。

何よりも大切なことは現状の調査をすることです。どのような工場でも細菌や異物が混入するリスクがありますが、それをもう一度見直して対策を立てましょう。

そして、食品安全チームを編成して対策を運用してください。

そして、内部監査を行って安全性が疑わしい製品が見つかった場合は、改善案を立てましょう。もちろん、こういったことは経営陣の努力だけでは出来ません。

スタッフ全員が一丸となることで初めて実現出来るのです。

もちろん、食品の製造業であればすでにこういった事を行っていますが、国際規格を取得するのであればより厳密に行なう必要があります。

安全性に対する取り組みを行っていたとしても明確な基準が無ければアピールになりません。しかし国際規格であれば明確な基準がありますので、消費者へのアピールになるのです。

食品の安全性を確立するためにHACCPや国際規格ISO22000がありますが、これらは対象が異なります。

そのため、自社にとってどのようなメリットがあるか適用分析をして導入しましょう。

特に国際規格は基準が明確となっているので、食品の安全性を求める消費者に強いアピールになります。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

関連する記事・ページ

TOP