NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

安心・安全を全面アピール!家畜用の製造工場でHACCP(ISO22000)を初取得した日清オイリオグループ

ISOプロ担当者

食品に異物が混入したニュースを目にしたことのある方は多いことでしょう。消費者は誰もが食品に安全性を求めているのです。そのため、どういった食品メーカーも安全性に気を遣っており、中には国際規格であるISO22000やHACCPを取得するケースが増えています。さらに、現在では日清オイリオグループの飼料工場もHACCP(ISO22000)を取得したのです。そのため、食品製造業は安全性についてもう一度考えなければなりません。

日本で初めて家畜用の製造工場でHACCP(ISO22000)を取得

食品の安全性が求められていますが、それぞれの食品メーカーが取り組みを行っています。代表的な取り組みはHACCPでしょう。これはハサップやハセップと呼ばれるもので、食品を安全に生産するためのガイドラインとなっています。食品を製造する際には微生物汚染、物理的汚染、化学的汚染などのリスクがありますが、ハセップにしたがうことで安全性を確保することが出来るのです。

このハサップは食品製造業のためだけにありますが、ISO22000はさらに幅広い企業に対応しています。近年では日清オイリオグループの家畜用製造工場がISO22000を取得しました。これは日本で初めてのことで話題となったのです。

こういったガイドラインの導入は、消費者に安全な食品を提供するために行われています。そのため、食品に直接関わる企業だけが導入していたのです。しかし、家畜用の飼料工場が導入したことは非常に画期的なことでした。家畜は私たちの食卓に上がるものですので、もちろん安全である必要があります。その安全性を突き詰めると飼料の安全性も問われるのです。そのため、家畜用の飼料工場でありながらハサップやISO22000を取得することは自然な流れと言えるでしょう。この取得をきっかけとして、ほかの飼料工場が取得することが考えられます。消費者も飼料の安全性まで考えて食品を選ぶ時代となったのです。

日清オイリオグループがHACCP(ISO22000)を取得した背景

日清オイリオグループの飼料製造をする工場が、日本で初めてISO22000を取得したのです。こちらでは飼料の原料となるミール(油粕)の製造を行っていますが、ミールを食べた家畜は私たちが普段口にしています。そのため、食の安全を追求するために飼料の製造でありながらISO22000を取得したのです。

食品に異物が混入したことで大きなニュースになり、会社の大きなイメージダウンなることは珍しくありません。そのため、どのような食品メーカーも何より安全性と衛生のことを考えているのです。そして、自社の食品がいかに安全であるかを消費者にアピールすることは非常に重要と言えるでしょう。そのため、飼料工場がISO22000を取得することは大きな意味があるのです。今回のケースは全国で初めてのことですが、これからのスタンダードになるとも考えられます。

また、ISO22000は2005年の9月に国際標準化機構が定めた規格です。世界で通用する規格であることから、高い安全性を証明することになります。ハサップは明確に基準がありませんが、ISO22000であれば明確な基準をクリアしていることになるのです。

HACCP(ISO22000)によるブランドイメージの変化

健康に直接関わっていることから、どのような消費者も食品の安全性にこだわっています。多くの消費者は肉や野菜を買う際に産地を見ていますが、本当に食の安全を考えるのであれば家畜の飼料にもこだわるべきでしょう。そのため、家畜用の製造工場がISO22000を取得したことは大きな出来事なのです。

日清オイリオグループでは飼料の原料であるミールの製造を行っていますが、「ミールは食品と同じ」という考えを持っています。そのため、製造ラインの設備の見直しなどを行い、本当に安全なミールの製造を行っています。

HACCP(ISO22000)を取得したことはエポックメイキングですが、何よりもこれによってブランドイメージの向上になったのです。

消費者は食品を選ぶ際に安全性を重視しますので、ISO22000を取得した工場で生産されたミールを使用していれば、そちらを選ぶでしょう。さらに、「ミールの安全性まで考えているのであれば、同じメーカーのほかの食品はもっと安全だろう」と考えるものです。そのため、ISO22000の取得は安全性だけではありません。

安全に食品を製造するためにハサップやISO22000などの規格がありますが、中でもISO22000は食品製造業だけでなく農業や飼料の製造なども対象になっています。そのような中、日清オイリオグループは日本で初めて飼料の工場でありながらISO22000を取得したのです。

これによって家畜に安全な飼料を与えられるだけでなく、ブランドイメージそのものを向上させることにも成功しました。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

関連する記事・ページ

TOP