HACCP(ISO22000)はどこの国で開発されたもの?

7ca85e2d62978a6446e9d8d8a9475449_s

HACCP(ISO22000)はどこで生み出されたものなのか、という素朴な疑問を感じている方もおられるかもしれません。今や国際規格として認められ、さまざまな都市で優秀な衛生管理の方法として導入されているHACCP(ISO22000)ですが、ここではどこの国で生み出されたのか、どのようにして導入すればいいのかといった内容について記述します。

アメリカ発の衛生管理システム

HACCP(ISO22000)はどこの都市で誕生したシステムなのかということですが、答えは自由の国アメリカです。さすが世界の警察アメリカといったところですが、意外とアメリカで誕生したというのはご存じの方も多いのではないでしょうか。特に食品製造の世界で働いている方だと何となく耳にしたことがあるかもしれませんし、何かの知識として覚えた可能性もあります。ただ、アメリカでどのような背景で誕生したかといったことについては知らない方が多いのではないでしょうか。

HACCP(ISO22000)が誕生したのは宇宙食の安全性を確保するためです。しかも、1960年代に誕生した衛生管理の方式ということですからやはりアメリカは進んだところと言えるでしょう。HACCPというアルファベットの羅列の意味ですが、これはHazard Analysis Critical Control Pointの頭文字を取ってこのようになっています。hazardは危害、analysisは分析、criticalは重要、controlは管理、pointは点を意味しています。日本語にして訳すと危害分析重要管理点とそのまま訳されます。

食品製造の過程において危害防止に繋がる重要管理ポイントをリアルタイムで監視、記録していくことが特徴で、ここが従来の衛生管理とは大きく異なる部分と言えるでしょう。この考え方や手法が国連食糧農業機関と世界保健機構によって成り立つ食品規格委員会から発表され、現在ではこく際的に認められるほどの規格となりました。現状においてもっとも優秀で合理的な衛生管理システムであると評されています。

宇宙食の安全性確保の必要性

先ほども少しご説明したように、もともとHACCP(ISO22000)は宇宙食の安全性確保のために開発された方式となります。では、そもそも宇宙食の安全性確保をするために衛生管理システムを新たに開発しなくてはいけないほど宇宙食の安全性確保は重要な事柄なのか、と思った方もいるでしょう。これは、宇宙という地球と遠く離れた場所で作業を行う宇宙飛行士の健康などを考慮した場合当然のことと言えますし、宇宙食の安全性確保は絶対的に必要なことと断言できます。

地球上ならよほど辺境の地でもない限り何かを食べてお腹を壊したとしてもトイレや病院に行くこともできますが、これが宇宙となると話は変わってきます。宇宙でもそれなりの医療処置を受けることは可能ですが地球上で行われる高度な医療行為を提供してもらうことはできません。また、トイレに関してもそうそう使えるわけでもありませんし、頻繁にトイレに行くようでは宇宙での作業に支障もきたしてしまうでしょう。

地球とは遠く離れた場所で活躍している宇宙飛行士のコンディションを健康に維持するためにも宇宙食の安全性確保は絶対的に必要ですし、それが引いては宇宙の発展にも繋がるでしょう。

導入までの大まかな流れ

HACCP(ISO22000)の導入ですが、まずは認証機関への相談からスタートするのが一般的です。その後事前調査や見積りが行われ、事前審査、審査機関への申請となります。審査申請をしてすぐに審査が受けられるとは限らず、少しのあいだ待たなくてはいけないこともありますから覚えておきましょう。審査機関より審査日についての通知がありますから、通知された日にちに審査が実行されます。

審査は現場と文書両方において行われます。その後審査員によって認証機関に結果報告があり、審査委員会から認証決定の通知が届きます。あとは認定証の発行と交付ということになります。また、HACCPの導入は自ら行うこともできますが、一般的にはコンサルタントなどに依頼するケースがほとんどです。相談しながら導入を進めることができますし、素人が一人ですべてをやろうとするより遥かに効率的でしょう。

コンサルタントに依頼して進める場合には当然コンサルティング費用が発生します。ただ、コンサルティング費用こそ発生するものの相談しながら進められますし、スムーズに導入まで向かえるでしょうからメリットのほうが大きいかもしれません。

まとめ

HACCPがどこで誕生したか、その背景は何なのかといったことについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。今後日本でもHACCPの普及は進むと予想できますし、今からでも準備をしておくことは良いことです。他社との差別化を図るチャンスとも捉えられるでしょう。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

関連するおすすめ記事